ITエンジニア「35歳定年説」

22411591_s ふりぷろ

こんばんは!ふりぷろ記事として、気になるニュースについてもピックアップしていきたいと思います

今回は、ITエンジニアについてです!

ITエンジニア「35歳定年説」は過去のこと!?…「40歳以上」ITエンジニアの採用が右肩上がりで上昇
ITエンジニア「35歳定年説」は過去のこと!?…「40歳以上」ITエンジニアの採用が右肩上がりで上昇

※以下データは上記ニュースサイトより引用いたします。

昔(それこそ私の新卒時代も)エンジニア=ブラック企業=続かない/しんどい というイメージがずっとありました。ですが直近、Paizaによる調査結果は以下です。

「paiza転職」を利用して企業に応募した人たちのうち、40歳以上エンジニアの割合は2013年には8.3%だったのが、2021年には15.7%と2倍程度に増えています。

そうなんです、単純に考えてこの10年でエンジニアの継続率が倍以上に確実に伸びている+積極的に求人業界もにぎわっている。です!

私が運営するプラットフォームでもやはりエンジニアを募集されている企業様は非常に多く、それこそオンラインスクールなどもかなり増えている印象です!ちなみにそのオンラインスクールの講師を副業人材で対応する企業さんも多くいらっしゃいます!

もちろんエンジニアの需要は多くなっているので、オンラインスクールに通ってエンジニアになろう!という方も多くいらっしゃるなと感じております。

しかし、企業側はスクール卒業したばかりで企業などで実務経験がない方の採用には消極的、むしろ最初から除外とされている場合がほとんどです。

「じゃ、オンラインスクールにいってもエンジニアにはなれないの?」

そんな疑問がでてくると思います。オンラインスクールに行くだけではもちろん仕事は獲得できません。要は契約形態にこだわらず仕事をとることができればどんどんとステップアップすることができます。

そんな悩みに、プラットフォーム運営者恩田が皆様の状況にあったアドバイスができればと思い立ち上げたオンラインサロン

オンラインサロン

Facebookグループ

今までの経験を活かし、フリーランスという業界をより良いものに。そして気軽に相談をいただけるような場所にしたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました